バクロフェン「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

バクロフェン25mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

有効成分バクロフェンを含有する筋弛緩剤です。脳血管障害、多発性硬化症脳卒中の後遺症の治療などに使用されており、筋肉の麻痺、つっぱりやこわばりを解消します。また鎮痛作用もあるため肩こりや腰痛、筋肉痛の改善にもおすすめです。

内容量  
剤形 タブレット
有効成分 (Baclofen)
ブランド Sun Pharma (サン・ファーマ)




□効果・効能

『バクロフェン25mg』は筋弛緩剤であり、脊髄と内臓反射を抑制し、骨格筋の緊張および筋肉のつっぱり、こわばりや麻痺を軽減し、脳血管障害、脳性(小児)麻痺、外傷後遺症、多発性硬化症など筋肉がこわばる痙性麻痺や脳卒中の後遺症の治療に効果的です。また、バクロフェンには鎮痛作用もあるため肩こり首痛や腰痛・筋肉痛の筋緊張状態の改善し効果的に抑えてくれます。

□用法と用量

成人は初回投与量として1日半錠から服用し、症状をみて少しずつ増量します


□副作用




□情報広場

成人は初回投与量として1日半錠から開始し、症状をみて少しずつ増量をします。用法用量は症状により変わる場合があるので医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。服用後から2ヶ月以上かかる場合があります。尚、状態が改善しない場合や、副作用がみられた場合は医師に相談して下さい。

バクロフェンを飲み忘れた場合は気づいた時点ですぐにその分を服用して下さい。すでに次の予定された服用量の時間である場合は、飲み忘れた量はスキップして、規則的な服用のスケジュールに戻って使用してください。妊娠中または授乳中の方の使用に関する安全性は確立していない為、使用前に必ず医師専門家に相談して下さい。





□レビュー

レビュー1・バクロフェンはアルコールの飲酒欲求を抑える薬として注目されています。ただ、日本では承認されていません。個人輸入できるアルコール治療薬としてはこの薬の他にアカンプロサート(レグテクト)のジェネリックとナルトレキソン等があります。レグテクトに関しては現在日本のアルコール依存症の治療薬として承認されていて、ナルトレキソンも類似薬のナルメフェンの申請がされているようなので近い将来断酒薬として処方される可能性があります。一方このバクロフェンに関してはそのような情報はありませんでした。その効果ですが主に海外での実験結果を見てみると禁酒、減酒に関してアカンプロサートとナルトレキソンはプラセボ(偽薬)とあまり変わらないという結果が多く見受けられます。もちろん効果があるという実験結果もあります。これらの薬は断酒や減酒をするという強い意思を持っている患者が補助として使用する薬のようです。飲んでいるからと言って飲酒欲求はあまり無くならないので節酒、減酒の為には特に向いていないと思います。一方バクロフェンはある実験結果では80パーセントの患者が禁酒、減酒をすることが出来て、この数字はアカンプローサト、ナルトレキソンに比べ25%ほど高い数字となっています。先の薬と違い、飲酒量を減らせる可能性があり、節酒、減酒薬として期待できそうです。他の記事、実験結果を見て見てもプラセボと比べても変わらない(効果が無い)という文献は見当たりませんでした。ただ、実験数もまだまだ少ないですし、もちろん副作用もありますのできちんとご自身で調べてから利用するか決めて欲しいです。
 
 
レビュー2・


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

割引イベント開催中!!

 

 

バクロフェン25mg