アリー(アライ)「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

アリー(アライ)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

アリー(アライ)は、食べた脂肪をなかったことにできるダイエットの強い味方です。イギリスの有名な世界的製薬企業であるグラクソ・スミスクラインによって製造・販売されています。食事から摂取した脂肪の30%をカットできるお薬です。

内容量 84錠/箱
剤形 カプセル剤
有効成分 1カプセルにオルリスタット(Orlistat)として60mg
ブランド GlaxoSmithKline (グラクソ・スミスクライン)




□効果・効能

アリー(アライ)は、肥満症治療薬です。

食事中の脂肪分が体内に吸収されるのを抑制し、便とともに体内から排出します。

アリー(アライ)はGlaxoSmithKline:GSK(グラクソ・スミスクライン)によって製造・販売されています。

グラクソ・スミスクラインはイギリスのロンドンに本社を置く世界的製薬会社で、1999年に設立されました。

服用することにより、食事から摂取した脂肪の約30%をカットすることができ、過剰なカロリーの摂取を防ぐことができます。

毎日アリー(アライ)を服用してもダイエット効果がありますが、突然の飲み会や食事会などで脂肪分の多い食事を摂るときだけ服用することで脂肪分を気にしないで食事ができるというメリットもあります。

アリー(アライ)は腸内のリパーゼに作用して脂肪の吸収を抑えるので、体内に吸収されないため安全性が高い肥満症治療薬となっています。

注意点として、アリー(アライ)の服用は脂肪のみならず必要な栄養素の吸収も阻害してしまう可能性があります。

ビタミンA、D、E、Kは脂溶性ビタミンといわれ脂肪などに溶けて体内に吸収されます。

アリー(アライ)が脂肪の吸収を阻害することにより、脂溶性ビタミンが体内にうまく吸収されず不足するおそれがあります。

そのため、脂溶性ビタミンが不足してしまわないようにマルチビタミンサプリなどで追加で補充することが推奨されています。


□用法と用量

  • アリー(アライ)は、18歳以上の方が服用することができます。
  • 食前・食中・食後1時間以内に水と一緒に1カプセル服用してください。
  • 最大で1日3回、朝・昼・夕食の1日3カプセルを超えて服用しないようにしてください。

最大限の効果を得るために

  • アリー(アライ)の服用と同時に、運動療法の改善や食事の内容も栄養バランスの取れたカロリーの低いもの(例として、2,000kcal/日)に切り替えていく方が効果的です。
  • 食事をとらなかった場合や、脂肪分のない食事をとる場合は、アリー(アライ)を服用する必要はありません。
  • アリー(アライ)のカプセルは腸内で作用するように設計されているため、カプセルを破ったりして中身だけを服用すると効果がなくなってしまうことがあるので、カプセルを開封したりせずそのまま服用するようにしてください。

併用して相乗効果のある薬剤




□副作用

アリー(アライ)は、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

  • 最も起こりやすい副作用は、体内に吸収されなかった脂肪分による胃腸障害です。
  • 主な症状として、お腹の張り、急激な便意、油性便、便の量の増加です。
  • 脂肪分の多い食事のときは副作用が多く、逆に脂肪分の少ない食事をとれば副作用はほとんど起こらなくなります。

これら以外には、腹痛、大便失禁、不安等も報告されています。
アリー(アライ)を服用して、なにか気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談してください。




□情報広場

アリー(アライ)は日本ではまだ承認されていないので保険適用がありません。
そのためアリー(アライ)を日本の病院から手に入れるには、アリー(アライ)を個別で取り寄せている美容クリニック等から購入するしか方法がありません。
美容クリニックから購入するとかかるコストは、おおよそ18,000~20,000円程度かかります。
類薬のオブリーン錠(有効成分セチリスタット)が武田製薬により発売予定でしたが、2018年10月13日をもって開発・製造・販売に関するライセンス契約を終了させることが決定したため、日本で肥満症治療薬を処方してもらえるようになるのは当分先になりそうです。
安価で肥満症治療薬の購入を希望するのであれば、個人輸入代行サイトを利用するのがおススメです。



□レビュー

レビュー1・
 
 
レビュー2・


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

割引イベント開催中!!

 

 

アリー(アライ)