アリセプト「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

アリセプト5mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

世界で有名な認知症治療薬、「アリセプト」です。日本の製薬会社、エーザイが開発したお薬で、アルツハイマー型およびレビー小体型の2タイプの認知症に適応できるお薬です。

内容量 100錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 ドネペジル塩酸塩5mg
ブランド Eisai (エーザイ)




□効果・効能

アリセプト5 mgは、Eisai(エーザイ社)より発売されているアルツハイマー型およびレビー小体型認知症の治療剤です。

この二つのタイプの認知症の中核症状である認知機能障害の進行を抑制する効果があります。1錠当たり、有効成分であるドネペジル塩酸塩を5mg含有しています。

ドネペジル塩酸塩は、日本のエーザイ社が開発した化合物で、強力なアセチルコリンエステラーゼという酵素の阻害作用を有します。アセチルコリンは記憶の働きに関わる神経伝達物質であり、脳内のアセチルコリンの減少とアルツハイマー認知症が関連あることが認められています。アセチルコリンエステラーゼは、このアセチルコリンを分解する酵素です。

ドネペジル塩酸塩は、アセチルコリンエステラーゼを阻害することで、脳内のアセチルコリンの分解を抑制します。その結果、アセチルコリンの濃度が上昇し、認知症症状の進行を抑制すると考えられています。服用後の血漿中濃度の消失半減期が長く、効果が持続するため、1日1回の服用で効果が期待できます。また、吸収されやすく、脳への移行率も良いため、5 mgの投与でも効果が期待できます。脳に移行しやすいため、その他の部位での副作用が少ないことも特徴の一つです。

日本では、1999年より軽度から中等度のアルツハイマー認知症に使用が認められました。その後、高度アルツハイマー認知症にも効果があることが臨床試験で確認されましたので、重症度に関係なく使用できるようになりました。

さらに2014年にレビー小体型認知症への適応も追加となりましたので、現在はこの二つのタイプの認知症における「認知症症状の進行抑制」で用いられています。世界でも幅広く使われており、ドネペジル塩酸塩は、現在約100ヶ国で使用されています。


□用法と用量

アリセプト5 mgは、アルツハイマー認知症もしくはレビー小体型認知症と、医師から診断された方のみ服用することができます。

アリセプト(ドネペジル塩酸塩)は、高用量から開始すると消化器系の副作用(吐き気、食欲不振、下痢など)が出やすいとの報告がありますので、副作用の発現を抑えるために1日1回3 mgから開始します。

治療にアリセプトを使用する場合は、アルツハイマー認知症もしくはレビー小体型認知症と医師から診断された時に、3 mgの製剤が処方されると思いますので、まずはそちらをお使いください。

3 mgの製剤 を1~2週間服用しても消化器系の副作用がでなければ、1日5 mgに増量します。この増量以降に、アリセプト5 mgの1錠を服用してください。

さらに、高度のアルツハイマー認知症レビー小体型認知症の場合は、5 mgに増量して4週間以上経過した後に1日10 mg(アリセプト5 mg 2錠)に増量できます。症状に応じて5 mgと10 mgで調節することも可能です。

用法は、1日1回で時間に決まりはありませんが、毎日同じ時間に飲むようにしてください。本剤は、認知症に使用する薬ですので、服用時間や薬の管理は、ご家族の方もしくはヘルパーが行う必要があります。

本人が服用したことを忘れる可能性もありますので、毎日決まった時間になったら、ご家族の方が、錠剤が入っているシート(PTPシート)から錠剤を取りだして、本人に渡すと安心です。

また、レビー小体型認知症では、手の震えや筋肉の硬直、よだれ、多動などの錐体外路障害を伴う症例があります。このような患者で、アリセプト錐体外路障害を悪化させやすいとの報告がありますので、錐体外路障害を伴う場合は使用しない方が良いでしょう。

妊娠している方は、使用前に医師の判断が必要です。また、授乳中の場合は使用を避けることをお勧めしますが、どうしても使用する必要がある場合は、授乳を控えてください。




□副作用

比較的報告が多いのは、吐き気、食欲不振、下痢などの消化器症状です。徐々に服用する量を増やしていくことで発現率を抑えることができると言われています。

ただし、1日10 mg使用すると、消化器系の副作用が出やすくなりますので、吐き気、食欲不振、下痢などが出た場合には、医師に相談してください。

重大な副作用としては、QT延長、心室頻脈、失神、心筋梗塞心不全、消化性潰瘍、肝機能障害、脳性発作、錐体外路障害、悪性症候群、横紋筋融解症、呼吸困難、急性膵炎、急性腎不全、血小板減少などがあります。これらの発現頻度はわずかで可能性は非常に低いのですが、症状が出た場合にはすぐに対応する必要があります。

万が一、頻脈、動悸、痙攣、幻覚、意識障害、呼吸困難、脱力感、胸の痛み、強い頭痛、高度の発熱・発汗、筋肉や皮膚の異常、歩行異常、言語障害、出血傾向などが現れた場合には、服用を中止して、すぐに医師の診察を受けてください。

また、副作用として、意識障害や眠気、めまいがでることが、低頻度ですがあります。

さらに、アルツハイマー認知症レビー小体型認知症では、自動車の運転等の機械操作能力が低下することもありますので、本剤の服用中には自動車の運転は避けてください。




□情報広場





□レビュー

レビュー1・認知症になった祖母が数年前から服用しています。最初は本当に効くのか半信半疑だったのですが、今は効果を実感していますね。進行が抑制されて、数年前から症状が変わらず、今後も利用させていただく予定です。
 
 
レビュー2・アリセプトは病院で父に処方されたものと同じでした。
少しでも父の認知症の進行が遅れてくれればと思い注文しました。
病院でもらったものと同じなので、安心して使えます。



□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

割引イベント開催中!!

 

 

アリセプト5mg