タケプロンジェネリック「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

タケプロンジェネリック15mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

タケプロンジェネリック15mgは胃酸を抑える「PPIプロトンポンプ阻害薬)」のひとつでランソプラゾール (Lansoprazole ) 15mg配合。タケプロンジェネリック15mgは、胃酸を分泌するプロトンポンプを抑制して胃酸の分泌を抑えるので、胃炎、胃潰瘍逆流性食道炎など胃腸障害全般の治療に使われる他、胃痛や胸焼けも和らげる薬として幅広く用いられています。

内容量 100錠/箱
剤形 カプセル剤
有効成分 ランソプラゾール(Lansoprazole)15mg
ブランド Intas Pharma (インタス・ファーマ)




□効果・効能

タケプロンジェネリックとは、逆流性食道炎胃潰瘍、十二指腸潰瘍を治療するための薬です。

2000年には、胃潰瘍の原因となるヘリコバクター・ピロリ菌の除菌に対して、使用できるようになりました。

頭痛薬などの鎮痛薬には、胃潰瘍の副作用を伴うことが多いですが、その予防にも有効なのが、タケプロンジェネリックです。

逆流性食道炎胃潰瘍などは、胃酸が必要以上に活性化して生じます。通常であれば、胃酸は胃の中に入ってくる細菌やウイルスなどを排除する働きがありますが、胃自体が弱った状態では、胃酸が胃粘膜を攻撃してしまうのです。その結果、胃粘膜の機能が低下し、逆流性食道炎胃潰瘍を起こしてしまいます。そのような状態のときに、有効成分のランソプラゾールが、胃酸の分泌を抑制し、胃粘膜への刺激を減少させ、胃痛や胸やけが軽減されます。

タケプロンジェネリックは、プロトンポンプ阻害薬(PPI)と呼ばれています。これと同じような作用を持つ医薬品に、H2ブロッカーがあります。タケプロンジェネリックの魅力は、このH2ブロッカーよりも、強力な効果が得られることです。

胃酸の分泌には、胃の壁細胞の受容体と大きく関係しています。受容体に結合する種類としては、ヒスタミンアセチルコリン、ガストリンなどがあります。

H2ブロッカーは、ヒスタミンのみ、受容体に結合するのを阻害します。PPIは、ヒスタミンアセチルコリン、ガストリンの全てが、受容体に結合するのを阻害します。よって、PPIH2ブロッカーよりも、強力に胃酸分泌を抑制することができるということになります。


□用法と用量

注意すべき点は、治療目的とする疾患によって、使用方法と使用可能期間が異なるということです。自分自身がどの疾患に当てはまり、どの治療が適切なのか、判断に困った場合は、病院を受診し、医師の指示を受けた上で服用するのが望ましいです。

逆流性食道炎胃潰瘍、十二指腸潰瘍の治療として使用する場合は、成人では1日1回2錠を服用してください。使用可能期間は、逆流性食道炎胃潰瘍で最大8週間までです。十二指腸潰瘍で最大6週間までとなっています。

逆流性食道炎の再発・再燃を繰り返すときの維持療法として使用する場合は、成人で1日1回1錠を服用してください。ただし、効果が不十分である場合には、1日1回2錠に増量して服用することも可能です。

非びらん性胃食道逆流症の治療として使用する場合は、成人で1日1回1錠を服用してください。使用可能期間は、最大で4週間までです。

低用量アスピリン投与時、また非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)投与時の胃潰瘍・十二指腸潰瘍の再発予防として使用する場合は、成人で1日1回1錠を服用してください。

ヘリコバクター・ピロリ菌の除去補助として使用する場合は、他の薬剤(アモキシシリン水和物、クラリスロマイシン等)を同時に投与する必要があるため、病院で指示を受けましょう。

使用可能期間まで服用を続けても、効果が現れない場合、他の原因が考えられる可能性もあります。病院を受診し、医師に相談してください。

服用の際には、十分な量の水、またはぬるま湯で服用してください。

タケプロンジェネリックは、腸で吸収される腸溶錠です。飲み忘れに気付いたときは、そのタイミングで1回分を服用してください。ただし、次の服用までに8時間以上間隔を空けて服用してください。2回分を一度に服用してはいけません。

タケプロンジェネリックは、胃酸分泌を抑制させる働きに持続性があるため、過量の服用により副作用が起こりやすくなる可能性があります。




□副作用

主な副作用は、過敏症状として発疹やかゆみが挙げられます。これは服用を中止すると、症状は改善することが多いです。

便秘や下痢、吐き気などの消化器症状が現れる場合もあります。この症状は、ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌目的で服用している場合に現れることが多い、といわれています。

その他に起こりうる症状として、呼吸困難、全身紅潮、蕁麻疹があります。この症状が現れた場合、アナフィラキシーショックの可能性があります。

また、眩暈や倦怠感といった貧血症状、発熱、鼻血、皮下出血が現れたら、血管内の細胞に異常が及んでいる可能性があります。全身の倦怠感や吐き気、黄疸が出現したときは、肝機能障害の恐れがあります。このような症状がみられた場合、早期に病院を受診し、適切な処置を受けてください。




□情報広場





□レビュー

レビュー1・逆流性食道炎にて日々悩まされており、毎回、病院に行って処方箋をもらっていたのですが、中々、病院に行く時間もなく、今回、この製品を購入するに至りました。
使用してみたところ処方されていた物は錠剤でしたが、こちらはカプセルタイプのものでしたので、本当に大丈夫かと思いましたが、処方されているのもの比べても変わりなく効果がありましたので、良かったと思っています。
 
 
レビュー2・逆流性食道炎を患ってはや10年くらい経ちました。以前までは年単位で病院に通ってランソプラゾールを処方してもらってました。毎月、病院によっては2か月に一回通っていましたが煩わしくなり、通販で購入することになりました。特に生活拠点が変わる事が多く、その度に病院を変えるとその度に診察を受けないといけません。梱包はアルミシートで安心感があります。開ける時は一回だけカプセルの蓋を一緒に持ってしまい、こぼしてしまいました。

錠剤と違い即効性はありませんが、常用として自分の場合は二日に一回の割合で服用しています。あの不快な食道炎のイガイガは無くなります。本当にこれが無いと生活できないくらいに困っている症状なので常にたくさんあるのは非常に安心です。カバンに1シート、職場に1シート、自宅に1シートあれば困りません。錠剤では無いので2梱程財布にも入れています。錠剤とカプセル錠はそれぞれ良しあしがあると感じました。先日、お客さんにも同様の悩みがあると言う話をして、ここを進めました。今後も継続して使い続けていきたいと思いますが、本来であれば、医師の指示である「痩せなさい」という言葉を信じで、この薬を使わなくても良い生活をしていきたいです。



□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

割引イベント開催中!!

 

 

タケプロンジェネリック15mg