ゼニカル「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

ゼニカル

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

ゼニカルは、食べた脂肪をなかったことにできる夢のようなダイエット薬です。服用することで、食事から摂取した脂肪の30%をカットすることができます。日本ではまだ認可されていませんが、世界中で承認・処方されている世界的に大人気のお薬です。

内容量 42錠/箱
剤形 カプセル剤
有効成分 1カプセルにオルリスタット(Orlistat)として120mg
ブランド Roche (ロシュ)




□効果・効能

ゼニカルは、肥満症治療薬です。

服用することで食事中の脂肪分が体内に吸収されるのを抑制し、便とともに体内から排出します。

スイスのバーゼルに本拠地を構える世界的な製薬・ヘルスケア企業であるRoche(ロシュ)社によって製造・販売されています。

ロシュ社は1896年に設立された歴史の古い会社です。

フリッツ・ホフマン・ラ・ロシュによって創業され、ビタミン剤の生産でその基盤を築きました。

その後、抗不安薬や抗菌薬、抗がん剤の開発により飛躍的な成長を遂げ、世界的な製薬企業に上り詰めました。

現在では、高品質なお薬を世界中の拠点を介して多くの医療機関に届け、数多くの病気に悩む患者にロシュ社のお薬が使用されています。

ゼニカルも、そんなロシュ社の高品質なお薬の1つです。

服用することにより、食事から摂取した脂肪の約30%をカットすることができ、過剰なカロリーの摂取を防ぐことができます。

それによってダイエットの効果を飛躍的に高めることができます。

その優れた効果より、ゼニカルジェネリック医薬品もたくさんの製薬企業によって製造されているほどです。

毎日ゼニカルを服用してもダイエット効果がありますが、突然の飲み会や食事会などで脂肪分の多い食事を摂るときだけ服用することで脂肪分を気にしないで食事ができるというメリットもあります。

注意点として、ゼニカルの服用は脂肪のみならず必要な栄養素の吸収も阻害してしまう可能性があります。

ビタミンA、D、E、Kは脂溶性ビタミンといわれ脂肪などに溶けて体内に吸収されます。

脂溶性ビタミンが不足してしまわないようにマルチビタミンサプリなどで追加で補充することが推奨されています。


□用法と用量

  • ゼニカルは、食事の前あるいは途中、または食後1時間以内にオルリスタットとして120mg(1カプセル)服用します。
  • 1日3回、朝・昼・夕食の1日3カプセルを超えてゼニカルを服用しないようにしてください。
  • 服用開始時に測定した体重から12週間ゼニカルを服用して5%以上体重が減らなかった場合、ゼニカルの服用を中止するようにしてください。

最大限の効果を得るために

  • ゼニカルの服用と同時に、運動療法の改善や食事の内容も栄養バランスの取れたカロリーの低いもの(例として、2,000kcal/日)に切り替えていく方が効果的です。
  • 食事をとらなかった場合や、脂肪分のない食事をとる場合は、ゼニカルを服用する必要はありません



□副作用

ゼニカルは、いくつかの副作用が起こることが報告されています。
有効成分オルリスタットは体内に吸収されずに腸で作用するので、ほとんどの方は安全にゼニカルを服用することができます。
そのため、ゼニカルを服用して起こす副作用の症状はオルリスタットが作用する胃腸系です。
胃腸系の副作用は、吸収されなかった食事中の脂肪分が原因で起こります。

主な副作用は、腹部の張り、強烈な便意、油っぽい便、排便量の増加です。
ゼニカルを服用する前に食べた食事中の脂肪分が多い場合には副作用が強く、逆に脂肪分が少ない食事のときは副作用がほとんどありません。




□情報広場

有効成分オルリスタットは、服用することにより腸内に存在する脂肪の吸収に関係する酵素リパーゼの働きを抑制し、体内に脂肪が吸収されるのを抑制します。

アメリカで実施された試験では、1年間の服用により5%の体重減少がみられた成人が60%、10%の体重減少がみられた成人が27%だと報告されています。

食事で摂取された栄養素は、小腸で分解吸収されます。

腸内では、リパーゼという酵素が働き脂肪を分解して体内に吸収します。

オルリスタットはそのリパーゼの働きを阻害する作用を持っています。

オルリスタットによって脂肪が分解されにくくなると、分解されなかった分が体外へ排出されるため、ダイエット効果があらわれます。

オルリスタットは、本来なら腸壁から吸収される脂肪分を30%程度減らすことができます。

脂っこい食事が多い食生活の人にとっては、いままでと同じ食生活をしてもゼニカルによって脂肪吸収分を減らすことができるため、何もしなくてもダイエット効果を得られます。


ゼニカルは日本ではまだ承認されていないので保険適用がありません。
そのためゼニカルを日本の病院から手に入れるには、ゼニカルを個別で取り寄せている美容クリニック等から購入するしか方法がありません。

日本のクリニックからザモカル1箱42カプセルを処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:0~1,500円
ゼニカルの価格:1カプセル300~400円×42カプセル=12,600~16,800円
合計12,600~18,300円ほどかかります。

日本でもゼニカルの類薬のオブリーン錠(有効成分セチリスタット)が武田製薬より発売予定でしたが、2018年10月13日をもって開発・製造・販売に関するライセンス契約を終了させることが決定したため、日本で肥満症治療薬を処方してもらえるようになるのは当分先になりそうです。
安価で肥満症治療薬の購入を希望するのであれば、個人輸入代行サイトを利用するのがおススメです。




□レビュー

レビュー1・ゼニカルは、長年使用しております。
体型管理に、私自身もう手放せなくなりました。
食事も気にせず食べて、目に見えて油がしっかり排泄されるので、効果が実感出来ます。
長年服用しておりますが安心で、私にとって1番欠かせないものとなりました。
 
 
レビュー2・ゼニカルを飲んで、初めて自分が凄く油を摂取していることを知りました!
それと、ウォシュレットトイレのありがさを知ることになります。
ゼニカルの効き目は、1ヶ月で簡単に7キロのダイエットに成功しました



□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

割引イベント開催中!!

 

 

ゼニカル