エリアス5mg(デスロラタジン)「徹底検証」個人輸入は安全なのか?

 

エリアス5mg(デスロラタジン)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
情報広場
レビュー
購入先

□概要

【眠気少ないタイプ!】アレルギー性鼻炎(花粉症など)、湿疹や蕁麻疹、アトピー性皮膚炎など様々なアレルギー性疾患に効く新しい抗アレルギー薬です。クラリチンを改良して開発された薬で、即効性と安定性に優れています。

内容量 20錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠にデスロラタジンとして5mg
ブランド Schering-Plough (シェリング・プラウ)

エリアスは近年登場した新しい抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)です。

国内の医療機関でも多く使用されている有名な抗アレルギー薬「クラリチン」を改良して開発されました。

クラリチンよりも即効性が上がり、安定性が高まったことでクラリチンだと体内の代謝過程において効果の発現に大きな個人差があったのが著しく解消されました。

尚、日本では「デザレックス」という商品名で販売されています。

エリアスは花粉症・ダニ・ハウスダストなどのアレルゲン(アレルギーを引き起こす原因物質)による季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)、通年性アレルギー性鼻炎、蕁麻疹や湿疹、皮膚炎といった多くのアレルギー性疾患の治療に有効です。

アレルギーに関わる体内物質ヒスタミンを抑制することで強力な抗アレルギー作用を発揮します。

効果の持続性に優れていることもエリアスの特徴で、血中半減期(薬の血中濃度がピークの半分になるまでの時間)は19.5時間にもなります。

特にくしゃみや鼻水の症状に対して効果が高いと言われていますが、アレルギーによる症状全般を素早く改善してくれます。




□効果・効能

アレルギー反応にはヒスタミンという体内物質が深く関与しています。

アレルギーの原因となる異物(アレルゲン)が体内に侵入すると、過剰に防御反応(異物を排除しようとする体内の防御システム)が働いてしまいアレルギー反応が始まります。

そうなると肥満細胞という免疫系細胞から、ヒスタミンなどアレルギーに関する多くの化学伝達物質が放出されます。

放出されたヒスタミンは体内の至る所に存在するH1受容体に結合することで作用し、アレルギー症状を発現させます。

エリアスの有効成分デスロラタジンはこのH1受容体を遮断することでヒスタミンを抑制し、アレルギー反応を抑制します。

また、ヒスタミンだけではなくロイコトリエンなど他の化学伝達物質の遊離も抑制することでも抗アレルギー作用を発揮します。

ヒスタミンを抑制することから、このように作用する抗アレルギー薬は薬学的には「抗ヒスタミン薬」と呼ばれています。

ヒスタミン薬には古くからある「第一世代」と近年登場した「第二世代」に大きく分類されますが、エリアスは第二世代の中でも新しい抗ヒスタミン薬です。

同系統の抗ヒスタミン薬には、アレグラ(有効成分フェキソフェナジン)・ジルテック(有効成分セチリジン)・クラリチン(有効成分ロラタジン)などが挙げられます。

第一世代に比べると、効果はそのままで眠気や口渇などの副作用が軽減されていることが特徴です。

ただし、エリアスなどの抗ヒスタミン薬はアレルギーによる諸症状を改善する対症療法薬であり、アレルギーそのものを治す薬ではありません。

アレルギーそのものを根治したい場合には医療機関でのアレルゲン免疫療法が該当するので、医師に相談してください。


□用法と用量

  • エリアスを通常成人及び12歳以上の小児はデスロラタジンとして1回5mgを1日1回服用します。年齢や症状によって適宜増減します。
  • 食事や時間には影響されないので、何時に服用しても構いません。
  • エリアスは持続性に優れている上に作用発現の時間が1時間以内というデータがあるほど即効性も期待できる抗アレルギー薬ですが、十分な効果が発揮されるまでには数日間かかることがあります。
  • 効果の発現には多少の個人差があります。
  • 効果がさほど感じられなくても、少なくとも1〜2週間は継続的に服用して様子を見ることを推奨します。
  • 飲み忘れた場合は気付いた時に服用して構いませんが、次の服用時刻が近い場合は飛ばしてください。一度に2回分服用しないでください。

最大限の効果を得るために

  • 飲み忘れのないように、正しい用法用量で継続的に服用してください。
  • 例えば花粉症など季節性アレルギーの場合、確実に抗アレルギー効果を発揮させるためにシーズンに入る少し前から服用を開始することをお勧めします。

併用して相乗効果のある薬剤

  • 目が痒い・鼻水や鼻づまりなど局所的な作用がある場合は抗アレルギー点眼薬や抗アレルギー点鼻薬ステロイド点眼薬やステロイド点鼻薬などの局所に効く外用薬と併用すると症状がかなり軽減されます。



□副作用

エリアスの副作用は比較的少ないですが、眠気、倦怠感、めまい、頭痛、口渇、吐き気、動悸、肝機能値の異常などの症状が報告されています。

軽度であればさほど心配いりませんが、症状が重い場合や一向に改善しない場合は服用を中止して医師に相談してください。

また、滅多に起こりませんが重大な副作用としてアナフィラキシーショック(蕁麻疹、顔や喉の腫れ、呼吸困難、血圧低下など)、けいれん(筋肉のぴくつき、震え、硬直、意識消失など)、重い肝障害(倦怠感、黄疸、茶褐色尿など)などが挙げられます。

エリアス服用後に何らかの異常をきたしたら、服用を中止してすぐに医療機関を受診してください。




□情報広場

日本でもエリアスと全く同一成分の抗アレルギー薬「デザレックス」が2016年に発売され、多くの医療機関で頻繁に処方されるようになりました。

デザレックスの薬価は1錠65.5円なので、20錠分処方してもらう場合の薬代は1,310円になります。
ここに診察料や調剤料などの受診にかかる費用が加算されると総額ではおよそ5,000〜6,000円になるかと想定されますが、保険適用の3割負担でおよそ1,500〜1,800円になります。
ただし、何らかの処置や検査を受けた場合は更に1,000~数千円かかります。





□レビュー

レビュー1・梅雨が明けても、花粉は続いてます。
ホコリかはたまたアレルギーかいろいろ
混じってるんだろうな、雨が降ったときは特に酷いです。
そんなとき、いつもエリアス使ってます。安いので
助かってます。
 
 
レビュー2・私、一年中花粉に悩まされています。
一年中飛んでる花粉があるの?
ていうか、杉、ひのき、ブタクサへと次から次へと
季節が変わっても反応してるみたい。
だからエリアス愛用してます。



□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

割引イベント開催中!!

 

 

エリアス5mg(デスロラタジン)